医学部への入試のために予備校で道を開く

昨今の資格職人気は留まるところを知らず、依然として医学部への人気は高く倍率は10倍という学校もあるほどです。近年、来たる高齢化社会に備えて医師の人数を増やすため、各大学は医学部の募集人員を増やしています。現役での受験で上手くいかなかったとしても、それでその道を諦めてしまっては勿体ないです。
受験には高い学力を要求されるのが常であり、多くの学校が面接や小論文など学力以外の試験を課しているため、自力や独力で対策を行うのは限界があります。授業を受けるために予備校を選ぶのもひとつの方法ですが、長年にわたって多くの受験生を指導してきたノウハウを情報として蓄積していることを利用しない手はありません。では、どのような基準で行先を選ぶのがいいのか、ということについて考えていきましょう。

自分の志望校への近道はどこから

予備校各校は受験関係の情報を蓄積していますが、その情報はかつて在籍していた学生のものです。ですので、先輩が受けていない大学の受験情報に関しては独自の情報を持っていることはほぼありません。ですので、その予備校が合格生を多く輩出している大学が自分の志望校と合致している場合、その情報メリットを多く活かすことができます。
特に、二次試験は各校が独自の傾向で試験問題を作ります。自校の教室を試験会場に設定することも多く、過去問や赤本では試験会場を含めた全てを網羅することは出来ません。面接試験も圧迫面接かどうか、どのような質問をしてくるのか、という傾向と対策が立てやすくなります。ネームバリュー以上に進学実績を重視することも学校選択の基準の一つとなりえます。

個別指導がいいのか、教室授業がいいのか

医学部入学のために学力アップは避けては通れませんが、授業のスタイルには2種類あります。個別指導と集団授業、教室授業と言われる一人の先生が多くの学生を教えるスタイルがあります。しかし、自分にどちらがあっているかは合格発表の瞬間までわからないのかもしれません。ですので、あなたの学習スタイルによって選ぶのもいいでしょう。
重要なのはあなたが進捗を他人と比較してしまうかどうかです。最終的に受験の瞬間に実力が完成していることが目的となりますが、その過程で他人と模擬試験の点数を比較するなどして焦ってしまうひとは教室授業には適さないと言えます。逆に他人と比較することがモチベーションとなるタイプは至近距離で切磋琢磨できる環境なので、より厳しく成長できるでしょう。

常勤の講師の数が豊富で質問や相談がしやすい雰囲気づくりを行っています。 医学部受験に関するお悩みや勉強の仕方などご相談も受け付けています。 学習面だけではなく生活面などの生徒指導を行っています。 精神面にも気を配り、講師と職員が連携を取りきめ細かい指導を行っています。 生徒一人ひとりのデータを分析した生徒管理システムで具体的な指導を行っています。 医学部への合格を本気で目指すための予備校は富士学園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加